医学翻訳の教材で文系でもプロを目指せる

翻訳業界の中でトップクラスの文字単価を持つ医学翻訳。
ビジネス翻訳にはITやビジネスなどさまざまな分野がありますが、医療や薬学の論文などを翻訳する医学翻訳は、高度な専門知識の必要性から高い報酬が見込めるのです。
翻訳で食っていくために、他分野の翻訳家からこの分野へ参入してくる人もいるほどです。医学翻訳は、理系や医療系出身じゃないとできないのか。英語が得意な文系には難しいのか。そんなことはありません。
医学翻訳専門の教材はだいだいは初級から上級まであり、医療知識ゼロの状態から英語で医薬知識を学びつつ、翻訳の勉強もできるのです。
勉強が得意で調べ物が好きな人なら、文系でもプロの翻訳者になることが可能です。
ただ、教材で学べるのはほんの一部の医療知識。
自分でもテレビの健康番組を見たり、医学の論文を読んだり、医療系のニュースをチェックしたりなどの努力が必要になります。また、自分で単語集を作り、表計算ソフトなどでまとめておくことも大切です。このように飽くなき探求心を持ち勉強を続けられる人なら、文系理系の壁はなく、プロの翻訳家としてデビューできることでしょう。

医学翻訳に興味がある方へ

医学翻訳に興味がある方へ 医学翻訳について興味がある方でも、どこから勉強していけば良いのか戸惑うことがあるでしょう。
インターネットを活用して通信講座に申し込むという方法がありますし、翻訳学校に通って勉強することもできます。
医学に関する翻訳会社では、色々な種類の文書が翻訳対象になっています。
臨床試験がらみの文書としては、治験実施計画書、治験薬概要書、治験総括報告書、副作用症例報告書などがあります。
医薬品として市場に出てから発生する文書としては、安全性定期報告書や行政通達文書などがあります。
その他にも、非臨床試験報告書やガイドラインなど、イメージしにくい様々な文書もあります。
このすべてを翻訳するとなると自分の力だけでは、無理があると考えられますので、やはり専門の学校に通うというのがベストな選択になるでしょう。
古い医学論文については、データベースが公開されているものもありますので参照されてみても良いでしょう。
医学翻訳に興味をもつというのは、医学の世界に貢献することにつながりますので、粘り強く続けていただきたいものです。


『医学翻訳 教材』 最新ツイート