医学翻訳の納期は原稿の長さ次第

仕事の上で医学翻訳をしないといけないことがあります。医学上で用いられる用語は独特なものですから医学翻訳の行える業者に依頼することになります。
例えば日本語から英語に訳す場合には、明確な医学的に適切な日本語の文章が必要になります。場合によってはたたき台になる英文や専門用語の日本語の説明文などを添えると、翻訳者は専門家といえどもその文の理解を早めることにつながりますから、翻訳作業を早めることに貢献できます。そうしてさらに納期を早めることも可能です。
ただしそれはその文章の長さにもよります。納期を前もって知りたい場合には、原稿がA4での枚数とか、字数とかを業者側に伝えて尋ねます。量が多い場合には通常表記してある期間よりも長くなる場合もあることを覚悟しないといけません。
したがって翻訳する原稿の分量が多いときほど、前もってその分量とともに依頼する翻訳業者に納期がどのくらいになりそうか尋ねて確認しておく必要があります。

見積りの詳細項目を削ると医学翻訳は安くなる

目の前にある資料をそのまま読み解くだけの語学力がないと、二つの選択肢から現状に合った方法で内容を把握できます。
辞書を片手に内容の理解を深めていく作業と、もう一つは医学翻訳で利益を得る業者もしくは個人に見積りを出してもらう方法です。
前者は時間に余裕があれば他に悩むことはないですが、後者に限っては留意すべきことがあります。医学翻訳の料金を確認した結果、経費節減を実現させたければ見積り内容のうち必要なものだけを抽出することです。見積りを注意深く見ると、医学翻訳に特有の項目が確認できます。
ネイティブスピーカーが推敲を行うことと、関連知識に詳しい専門家に成果物の完成度を評価してもらうことです。医学翻訳者の腕が確かなら、両方とも必要のない項目です。
訳文の間違いが少なければ、それ以上の手直し作業が発生しないからです。
見積りに記された項目の数を調整することは依頼者に認められた権利なので、堂々と申し出て差し支えありません。


『医学翻訳 納期』 最新ツイート

@anken_translate

在宅日英翻訳者を募集。学術分野の翻訳経験のある方/特定分野の専門知識のある方/納期を厳守する。特に,医学・薬学・生物学の翻訳者を求めています。→詳しくは【翻訳者の案件地帯】で検索!

8日前 - 2017年11月10日